カラコンの着色直径はどのくらいが良い?

カラコンには色がついている部分があります。
この部分の大きさがどれくらいかを知るための手がかりが、着色直径です。

 

黒目を大きくしたいからカラコンをつけるという人にとっては、この大きさは重要ですよね。
そのカラコンをつけたらどんな感じになるか?をイメージするのにも必要なデータです。

 

・DIAとは違います

カラコンの着色直径は、レンズ自体の大きさを表すDIAとは違う数値になります。フチが付いているデザインの場合にはほとんど変わらないのですが、一応、別モノだということは覚えておきましょう。

 

・黒目と大きさと比較

日本人の黒目の大きさの平均は、12.5mmだと言われています。
個人差はありますが、これに対してどれくらい大きくするかで見た目の印象が変わるわけですよね。

 

「大きければ大きいほどいいに決まってる!」と思ってしまいがちですが、実際につけてみたら思ったように可愛くならなかったり、なんだかしっくりこなかったりということになるのも、この着色直径と自分の目とが合っていない場合が多いのです。

 

・各メーカーのカラコンをチェック

メーカーによって着色サイズはまちまちですし、デザインも変わります。ざっとインターネットで調べた限りですが、いま現在取り扱いが確認出来るカラコンのサイズをピックアップしてみましょう。

 

11.0mm、12.3mm、12.5mm、12.6mm、12.7mm、12.8mm、13.0mm、13.1mm、13.2mm、13.3mm、13.6mm、13.7mm、13.8mm、14.0mm、14.1mmです。

 

この中で、一番たくさんのメーカーが販売していて、種類数が多いのは「13.0mm」でした。

 

しかも、13.0mmは、あまりすごすぎるカラーではなく、ナチュラル系で普段使いが出来るデザインのものが圧倒的に多いので、おそらく毎日使っている人が一番選んでいるカラコンだと思われます。

 

・結論

日本人の平均的な黒目をカバーするには、着色直径は13.0mmが一番人気で、カラーはブラックかブラウン系のフチがくっきりするタイプと予測出来ますね。

 

特別なイベント系でなく普段使いにするのであれば、このへんを狙ってみては?