充血した時の対処法

カラコンつけたら目が真っ赤に充血!これは目の乾燥よりも状態は悪いです。とにかくすぐにカラコンを外して安静にすること、それでも痛みや充血がある場合には眼科に行くことが大事。

 

なぜカラコンで充血が起こるのか、原因をリストアップしてみましょう。
こころあたりがある場合はすぐに改善してくださいね。

 

・酸欠

これが一番コワイ状態で、目の毛細血管が必死で酸素を取り込もうとして膨張している状態です。
炎症が起きていることが考えられますので、まず、真っ先にカラコンを外すこと!

 

白目が全体的にピンク色になったり、真っ赤な血管が浮き出て来るのですぐに対処してください。

 

・水分不足

目の乾燥が進むと血管が水分を届けるために膨張して充血状態になります。

 

早めに対処すれば、目薬を充分挿してまばたきをすることで緩和する場合もあります。
でも基本的にはカラコンを外して休ませてあげてください。

 

・傷

これもコワイ話ですが、カラコンに傷が入っている、もしくはカラコンで目に傷が入っているという状態が考えられます。カラコンを外して治まるようなら良いですが、外してもずっと充血しているようなら眼科で薬をもらって下さい。治っても、同じカラコンは使わないことです。

 

・汚れ

カラコンの洗浄やたんぱく質除去が正しく行われない場合、雑菌のせいで目がキケンにさらされている場合があります。カラコンを外して光に透かして見てください、白く濁っていたり、細かい汚れがついていたりしませんか?

 

ワンデータイプ以外であれば、とにかく外してカラコンを丁寧に洗浄、殺菌してください。

 

ワンデータイプは捨てて、新しいものを使って下さい。
また、目にも汚れや菌が付いていますので、洗い流しましょう。

 

・サイズ

実はサイズが合わないカラコンを付けて、目を真っ赤に充血させている人がいます。

 

これは絶対にNGですね。特にベースカーブが合わない人は、付けた時から違和感や痛みが出ますし、すぐに充血しますのでおかしな時には使わないで下さい。

 

また、ウラオモテが逆になっている場合もあるので、つける時には確認しましょう。