目が乾く時の対処法

「カラコンつけてると目が乾かない?」などと思っているあなた。

 

カラコンは普通のコンタクトレンズよりも実は目が乾きやすいことがわかっています。乾いた時にはどうすればいいの?ということと、乾かないようにするための方法はないの?ということで、ちょっと調べてまとめておきましょう。

 

・カラコンはなぜ目が乾く?

まず、カラコンをつけていると目が乾く理由ですが、人間が自分で目を守る仕組みをレンズがジャマすることが原因です。私たちはまばたきをすると、涙で目をカバーするのと一緒に油を分泌して、涙が蒸発しにくいように表面に膜を張るように出来ています。

 

カラコンをつけるとまず涙が出る量が減り、レンズのせいで油の膜もうまく張れない状況になります。しかもカラコン自体が目の涙を吸い取ってしまうので、目はどんどん乾いて行く一方なのです。

 

・目薬で対処

オーソドックスなやり方ですが、カラコンの目の乾きをカバーするには目薬を使うのが一番でしょう。しかも最近ではカラコン専用の目薬がドラッグストアで買えるようになりました。

 

一番手軽な方法なので、こまめに挿すようにすればひとまずは対処できます。違和感を感じたり、痛みや乾燥を感じたりしてからでは遅いので、平気なうちからこまめに挿すのがポイントです。

 

・まばたきを増やす

普段まばたきは意識しないでやっていますが、カラコンをしている時は意識してまばたきをするようにすると、意外に乾燥を防ぐことが出来ます。目薬をしてまばたきをするというのが一番手軽でいつでも出来る対処法ですし、コストもかかりませんね。

 

・目を温める

あまり目を使わないこと、疲れたら蒸しタオルなどで温めることというのは、カラコンに限らず目の乾燥対策です。何かに集中していると、かなり長時間ガン見していることってありますよね?

 

目を閉じた時にしみるような感覚があるのは、もう乾いている証拠ですから、そうならないように普段から気をつけましょう。温めると血行が良くなって、涙の出も良くなります。