カラコン洗浄液のおすすめは?

使い捨て以外のカラコンの場合、洗浄液と保存液は必須アイテムです。
常にストックが切れないようにしておきたいですね。

 

実はカラコンには使ってはいけない洗浄液があり、通常のコンタクトレンズ用ではいけない場合があります。通常のコンタクトレンズとカラコンを使い分けている人は、一緒にしないように注意が必要ですね。

 

カラコン洗浄液ではどういうものがおすすめなのか、調べてみましょう。

 

・洗浄液の種類

コンタクトレンズの洗浄液には種類があり、ポビドンヨード系、MPS(マルチスーパーソリューション)系、過酸化水素系などがあります。

 

この中で過酸化水素系の洗浄液は、カラコンに使ってはいけない種類だと言われています。

 

なぜかと言うと、過酸化水素系はとても洗浄液が高く効果のあるものなのですが、カラコンに限って言えばカラー部分の色素を溶かす場合があるというのです。サンドイッチ構造であれば色素部分は表に出ていないので原則大丈夫なはずなのですが、リスクがあるのは困りますね。

 

・アカントアメーバを消毒するもの

ポビドンヨード系とMPS系の洗浄液ならカラコンでも問題ありませんが、その中でも選ぶならアカントアメーバを消毒するチカラの強いものを選びたいですね。

 

MPS系は洗浄やすすぎ、除菌、保存まで一本で済むのでとてもコスパが良いのですが、殺菌力が弱いものもあるので、購入する時には確認したほうが良いです。アカントアメーバというのは角膜感染症を引き起こして失明に至らせる、非常に強くてコワイ病原菌です。

 

本当は過酸化水素系の洗浄液ならアカントアメーバの消毒にも効果が高いのですが、漂白効果が高いためにカラコンではちょっと具合が悪いわけですね。

 

・洗浄機クリーナーも

持ち運べるタイプの洗浄機クリーナーなども最近発売されています。

 

超音波で汚れをすべて落とし切るのが特徴で、お手入れが苦手な人にはかなり便利なアイテムです。
感染症がコワイ場合には考えてみても良いかもしれませんね。