カラコンの種類と分類

カラコンにはどんな種類があるでしょうか。ショップのサイトに行くと、いきなりズラッとたくさんのカラコンが並んでいるので、よくわからないという人が多いのでは?細かい種類は各メーカーごとに違いますが、おおまかな分類をまとめておきましょう。

 

・度ありと度なし

まず、大きく分けると度ありと度なしがあります。
目が悪い人なら度ありを選ぶか、度なしを選んで上からメガネをかけるかになります。

 

カラコンによっては度なしオンリーの場合や度ありオンリーの場合もあるかもしれませんので、事前に確認しておきましょう。

 

・色合い

日本人の目は黒いと言いますが、カラコンのブラックだけでも数十種類ありますし、ブラウンについてはダークブラウンやハニーブラウンなどブラウンの系列だけでも数十種類あります。同じような色でも濃い、薄いもありますので、どれが自分の黒目に合うのかを探すのがまずタイヘンなのです。

 

・デザイン

各メーカーが目を美しく見せるために、独自のデザインを考案しています。

 

カラコン同士を見比べてみても、いまいち差が良くわからない場合も多いですが、実際につけてみると全然違う印象になることが多いですね。どんなデザインがどんな印象になるのかは、カラコンモデルのビフォア・アフターをじっくり見比べてみないとわかりません。

 

・利用期間

そのカラコンがどれくらい使えるかというのが利用期間です。

 

ワンデータイプは1日の使い捨て、2ウィークは2週間の使い捨て、その他1ヶ月間、半年間、1年間など使える期間によって種類があります。

 

一番安全なのがワンデータイプで、めんどうなケアがないので手軽です。
オフの時だけちょっと使ってみたい場合にはワンデータイプがおすすめですね。

 

また、似合うかどうかわからない場合にまずワンデータイプで試してみて、気に入ったらもう少し長い期間のものを買うという方法もあります。

 

・製造方法

カラコンの作り方による種類ですが、安全なのはサンドイッチ製法です。
色の付いた面がサンドイッチの具のように中に入っているので、目に直接付かず安全です。