カラコンの使い方と取り方

カラコンを初めてつける人や付け慣れていない人は、ちゃんと付け方・取り方をマスターして目を守りましょう。いい加減に使っていると、痛い思いやコワイ思いをすることに・・・。

 

そんなの絶対!イヤですよね!

 

・カラコンの付け方

@まず、手を石けんなどでしっかり洗いましょう。

洗剤が残っていると、目に入ってしみてしまうことがあるので、すすぎも完璧にして下さい。

 

洗った手を汚れたタオルやハンカチで拭いてしまったらすべて台無しですから、おすすめはキッチンペーパーなどで水分を拭き取ること。

 

この時手に繊維やホコリがつくと、それがそのまま目の中に入ってしまうことになります。

 

Aカラコンのウラとオモテを確認しましょう。

カラコンはソフトな作りなので、たまにクルッとソリが逆さまになっている場合があります。

 

そのまま付けるとよく見えませんし、目も痛くなってすぐに外れてしまいますので、ウラオモテの確認は必須。やり方は、ケースから取り出した時に片手の指の先にそっと乗せて、真横から形を見ること。きれいなおわんの形になっていればOK、外側に拡がったような形にゆがんでいたらNGです。

 

B前を見たまま目に乗せましょう。

レンズを持っていない指でまぶたを上下に拡げて、正面を見たままレンズだけそっと目の上に乗せます。まぶたを拡げる時にはまつげの根元からしっかり開かないと、まつげにジャマされてレンズが弾かれる時があります。

 

黒目の上にうまく乗ったら、2,3回まばたきをして様子を確かめてください。

 

・カラコンの取り方

@取り外す前に手を洗いましょう。

付ける時と同じように、手を石けんでよく洗って水分を拭き取りましょう。

 

A鏡を見ながら下まぶたを引き下げます。

目はまっすぐ正面を見ながら、利き手ではないほうの指でまぶたを軽く下げます。下げ過ぎるとカラコンの上に上まぶたがかぶさってしまって取れなくなるので、ほんの少しだけ拡げるだけでOKです。

 

B利き手でつまんで取ります。

目は正面を見たままで、黒目のやや下側にあるレンズの端を、利き手の親指と人差し指とでつまんで剥がします。この時目が乾燥していると剥がれにくくなるので、取れにくい時は目薬を使うと良いですよ。