良いカラコンってどんなもの?

カラコンをつけてみたいと思っても、なんだか悪いカラコンを使って失明した人がいるなんてウワサを聞くと、怖くて考えてしまいますよね。

 

でもちゃんとしたカラコンなら、そんなコワイことにはなりません。じゃあ、良いカラコンってどんなカラコンなの?という話になりますが、いろいろな面から良い条件をまとめてみましょう。

 

・作り方が良い

色をつける時の作り方がちゃんとしているものは、目に害があるようなものはありません。

 

細かいことを調べるのが大変な場合は、名前の通った大手メーカーのものを選べばひとまず安心でしょう。芸能人のプロデュースモデルなどを販売しているようなメーカーであれば、品質についてもちゃんと管理されています。

 

聞いたこともないようなものを安いからと言って買わなければ大丈夫でしょう。

 

・発色が良い

やっぱりオシャレ目的で付けるわけですから、発色が良いものが良いですよね。
また、わざとらしくなりすぎないで、自然な色に馴染んでくれるものがベストです。

 

見た目にビビッドな色なので良さそうと思っても、実際に付けるとコワイ顔になってしまったり、全然似合わないということになってしまったりする場合があります。

 

明るく自然な発色を見つけましょう。

 

・デザインが良い

目のフチを強調したものや、目の模様に工夫があるものなど、ほんの少しのデザインの違いで見た目が全然変わってしまいます。色は地味に見えるのに、つけたら派手過ぎて学校やアルバイトなどにつけていけないという場合もあるので、デザインはとても重要です。

 

どれが良いかは自分の顔との相性なので、実際にはつけてみないとなんとも言えないのですが・・・。カラコンモデルの目を良く見て、いいなと思うものを選ぶのが無難でしょう。

 

・酸素の通りが良い

カラコンで問題になるのは、目に酸素が行きにくくなるという点です。

 

長時間つけることが出来ないのもそのためで、普段の生活でずっと使おうと思うなら、「酸素透過性」の高いカラコンを選ぶのがベストです。